• ホーム
  • 経口避妊薬、脳への副作用は内診で分かるのか

経口避妊薬、脳への副作用は内診で分かるのか

2019年10月13日

経口避妊薬は、望まない妊娠を避けるために服用する錠剤の薬のことです。
一般にはピルとも呼ばれ低用量ピルのほか緊急避妊薬として使われる中用量ピルなどの種類があります。
いずれの場合でもその作用の仕組みは女性ホルモンに作用して、排卵を抑制しまた受精卵の着床や子宮内に精子が侵入するといったことを阻害するというものです。
この状態は女性が妊娠している状態であり、そのため経口避妊薬を飲むことで擬似的に身体を妊娠状態にするものです。
一方で経口避妊薬は避妊のほかにも酷い生理痛や出血を和らげるさいにも使われます。

一方で経口避妊薬では副作用があり、もっとも顕著なのがホルモン変化による吐き気が頭痛などがあり、慣れない間はひどい症状になる人も多くいます。
また重篤な症状を起こすものとしては血栓があります。
血栓は血が固まることで、これが何らかの理由で外れて脳にまで達すると脳梗塞を起こさせる可能性があります。
このため継続的に服用するさいには血液検査などを行い血栓ができていないか検査する必要があります。

このような重篤な副作用を避けるために本来であれば、しっかりと検査をするのが大切ですが、クリニックによっては簡易な検査しか行なわない傾向にあり、また内部的な副作用は内診で調べるといったことができません。
内診では主に女性器の観察程度であるためです。
また経口避妊薬を処方するさいに血液検査や内診はしても脳の検査などを行わないクリニックも多くあります。

このため、経口避妊薬を服用するさいには血栓が出来る可能性があることに留意する必要があり、血栓が理由と思われる症状が出た場合には産婦人科のクリニックではなく総合病院で精密な検査を行ってもらうのが適切です。

関連記事
経口避妊薬のピルがネット販売なら激安で買える

我が国においても、女性の社会進出が進み、責任ある地位に就き仕事をバリバリ行っている女性も増えています。しかし、女性には男性と違って生理があり、ホルモンバランスで心や身体には様々な変調を起こすことも多く、仕事や私生活に支障をきたしてしまっている場合も多々あります。このような不調を改善するために、女性ホ

2019年11月11日
経口避妊薬の飲み忘れの際の対処法とは

経口避妊薬は、効果を発揮するために、毎日決まった時間に服用しなければなりませんが、何らかの理由によって飲み忘れてしまうこともあるでしょう。飲み忘れに気づいた場合、毎日服用している時間から何時間経過したのかによって、対処法が違うため、正しい対処法を取ることが重要です。飲み忘れから12時間以内に気づいた

2019年09月27日
卵巣機能不全に対しての経口避妊薬の効果について

最近、インターネットや雑誌の広告欄によく経口避妊薬という文字を目にします。多くの人が経口避妊薬と聞くと避妊をいう言葉を思い浮かべるかもしれません。昨今、人工中絶が社会問題になっている中で、実際、経口避妊薬は服用することによって、望まれない妊娠を事前に防ぐことができます。また女性自身の体や心を傷つける

2019年10月30日
経口避妊薬の副効果と副作用について

経口避妊薬、いわゆるピルには本来の避妊としての効果だけでなく、様々な嬉しい副効果があるということでも幅広く知られています。それゆえに多くの悩める女性達が、避妊としての効果ではなくむしろ副効果を求めて経口避妊薬を手に入れようとしているのです。それから経口避妊薬には同時に副作用も沢山あります。副作用は当

2019年09月08日
経口避妊薬の種類と身体に及ぼす作用について

ピルは経口避妊薬のことで、女性ホルモンを成分として配合しているホルモン剤になります。経口避妊薬には含有量や配合比、用途によって様々な種類のものがあります。経口避妊薬であるピルの成分は、エストロゲンとプロゲステンという2種類の女性ホルモンですが、含有量が低いものを低用量ピルや超低用量ピルと言います。ホ

2019年08月22日
経口避妊薬が処方される時の価格はどれくらい?

経口避妊薬、ピルは婦人科などを中心として広く処方されるようになりました。しかしその処方は何らかの病気などが無い限り自己負担とされています。この「何らかの病気」には月経困難症などが該当するのですが、単純に避妊目的で経口避妊薬が欲しいというような場合であれば、ほとんどが自己負担による処方になるでしょう。

2019年08月09日